① おためしコース 《14.5km》


 コースマップ 

 Google Mapで開く


 コース案内 

【アイコン説明】
トイレのピクトグラムトイレ 駐車場のアイコン駐車場 自転車のフリー素材3 (1)サイクルスタンド フォークとナイフのお食事アイコン素材お食事  温泉マークのアイコン素材お風呂 空気入れ-16px空気入れ設置店

START!!

①『ホロルの湯』―トイレのピクトグラム 駐車場のアイコン 自転車のフリー素材3 (1) 温泉マークのアイコン素材 フォークとナイフのお食事アイコン素材 

  • 大浴場&露天風呂、温水プール完備
  • お風呂は、体にやさしいアルカリ性単純温泉
  • ドライサウナ、薬湯なども楽しめる♪
  • 地元の食材を楽しめる食堂あり♪
  • 地元野菜や特産品の直売所スペースあり♪
営業時間:10:00~21:00(入場・受付は20:00まで)(浴室・プールは20:45まで)(2階食堂のオーダーストップは20:00)
休館日:毎週月曜日(祝日の場合は、その翌日)
住所:茨城県東茨城郡城里町下古内1829-3
HP:https://www.hororunoyu.jp/

矢印アイコン 下4


②『龍潭渕(りゅうたんぶち)・うなぎ地蔵』

スライドショーには JavaScript が必要です。

昔、清音寺(せいおんじ)に毎日どこからかおこわを持ってきてお供えする一人の小僧さんがいました。あるとき、このあたりの領主が、龍潭渕で大きなうなぎを吊り上げました。料理をしようと腹を切るとおこわがたくさん入っていました。人々は、そのうなぎがこの川の主ではないかと思い、そこに埋葬しました。その時から、おこわを供えていた小僧さんが現れなくなりました。村人は小僧さんがうなぎの化身だったのではと思い、あわれに思い同じ場所に祠を建てて地蔵をつくって供養しました。この地蔵は今も「うなぎ地蔵」として地元の人々に慕われています。(引用:城里町教育委員会「城里学ぶっく」P.42)
場所(Googleマップが開きます):龍潭渕(りゅうたんぶち)うなぎ地蔵

矢印アイコン 下4


③『国登録有形文化財「島家住宅」』


城里町の上古内に佇む、江戸時代中期に建てられた古民家・『島家住宅』。国の登録有形文化財にも指定されている、貴重な文化財です。現在この『島家住宅』は町に寄贈され、城里町の地域おこし協力隊がその利活用方法を模索しています。

住所:茨城県東茨城郡城里町上古内竹ノ内480
お問い合わせ:城里町地域おこし協力隊(担当:後藤、村上) TEL:029-288-3111(内線227)

矢印アイコン 下4


④『鹿島神社(上古内)』

スライドショーには JavaScript が必要です。


社伝によると天津児屋根尊が金鷲に駕してこの降る内山に降臨したので、この地を鹿島土谷と称し、大同年間(806~810年)に鎮斎したと伝える。祭神の天津児屋根尊は祭祀を司る神で、鹿島神社そのものの祭神ではなく中臣氏の祖とされる。ともかく鹿島郷に比定される古内を中心としたこの地一帯は、古くは中臣氏、鹿島神との関係が深かったことを窺える伝えである。(引用:常北町役場(1988)「常北町史」P.190-191)

住所:茨城県東茨城郡城里町上古内238

矢印アイコン 下4


肉球のアイコン1寄り道スポット

『高安園(たかやすえん)』

高安園は、茨城三大銘茶のひとつ「古内茶(ふるうちちゃ)」の栽培・販売を行っているお茶園です。奥様とお話をしながら古内茶の試飲ができ、いつも色々なお客さんで賑わってます。

城里町の特産品「古内茶」は、水戸藩第二代藩主の徳川光圀公がその美味しさに感嘆して、詩を詠まれたという逸話が残るお茶です。元々は、城里町・下古内にある「清音寺(せいおんじ)」の境内だけで栽培されていたお茶でしたが、光圀公のすすめにより、古内地区一帯で広く栽培されるようになりました。

住所:茨城県東茨城郡城里町下古内314-1
インタビュー記事:http://www.ibaraki-shokusai.net/seisan/shohin056.php

矢印アイコン 下4


⑤『清音寺(せいおんじ)』

清音寺は、平安時代の初め、809年(大同4年)に弘法大師が小さな庵を建て、真言宗の東国道場としたのが始まりと伝えられています。
また、復庵禅師が中国から持ち帰った実をまいて育ったという茶の木があり、そのお茶の味に感激した徳川光圀によって「初音」と名付けられ、それが「古内茶」の母木になったと伝えられています。(引用:城里町教育委員会「城里学ぶっく」P.42)

住所:茨城県東茨城郡城里町下古内1130

矢印アイコン 下4


GOAL!!

⑥『ホロルの湯』―トイレのピクトグラム 駐車場のアイコン 自転車のフリー素材3 (1) 温泉マークのアイコン素材 フォークとナイフのお食事アイコン素材 

  • 大浴場&露天風呂、温水プール完備
  • お風呂は、体にやさしいアルカリ性単純温泉
  • ドライサウナ、薬湯なども楽しめる♪
  • 地元の食材を楽しめる食堂あり♪
  • 地元野菜や特産品の直売所スペースあり♪
営業時間:10:00~21:00(入場・受付は20:00まで)
(浴室・プールは20:45まで)(2階食堂のオーダーストップは20:00)
休館日:毎週月曜日(祝日の場合は、その翌日)
住所:茨城県東茨城郡城里町下古内1829-3
HP:https://www.hororunoyu.jp/

yellow_line2(long)

※この情報は、2018年(平成30年)3月時点の情報です。

b_illust_84_1L

広告