青山神社(上青山)

スライドショーには JavaScript が必要です。

祭神名:五十猛命

青山神社は、772年(宝亀3年)に建てられたという古い神社です。造林緑化の神である五十猛命(いそたけるのみこと)を祀っています。中世には「鹿島明神」や「若宮八幡宮」と呼ばれましたが、1696年(元禄9年)水戸藩主徳川光圀公によって「青山神社」の名前に戻されました。深い森に囲まれた境内には古墳が存在し、青山緑地環境保全地域にも指定されるなど城里町の歴史や環境を守る上で大切な役割を果たしています。(城里町教育委員会「城里学ぶっく」P.45)

住所:茨城県東茨城郡城里町上青山229

広告