鹿島神社(高根)

スライドショーには JavaScript が必要です。

祭神名:武甕槌神

祭神は建甕槌神(たけみかつちのみこと)である。「寛文六年高根村社改帳」(高根 平賀修氏蔵)によると、806年(大同元年)の開基となっている。また、明治初期の文書に、「1457年(長禄元年)に、当国の守護である大山因幡守義成が、今の地に神殿を建築し、高根大明神と号し、代々氏神として崇敬した。例祭、祭典料を寄付され、修繕料、耕田の寄付もあった」とある。1830~1844年(天保年間)まで、下阿野沢村、上阿野沢村の鎮守でもあった。(引用:桂村(2004)「桂村史 通史編」P.152)

住所:茨城県東茨城郡城里町高根184

広告