鹿島神社(上入野)

スライドショーには JavaScript が必要です。

祭神名:武甕槌神

社伝によれば、祭神が露出の木の根につまづかれたゆかりの現在地に、807年(大同2年)に字入野鹿島から遷祀したと伝える。現在の字図(地籍図)にある「鹿島前」「鹿島下」のあたりが、もとの社殿の地と伝えられる。その殆んどが畑地で、土師器、須恵器の破片が出土する。(引用:常北町役場(1988)「常北町史」P.190)

住所:茨城県東茨城郡城里町上入野2187

広告