風隼(かざはや)神社(石塚)

 

スライドショーには JavaScript が必要です。

祭神名:武甕槌神

祭神が東夷征討の際立ち寄り給わったので祠を建てたと伝えられる。神体は石で、多賀郡石名坂(日立市)の魔王石を、祭神に協力した静神(建葉槌命)が蹴倒したところ三つに折れ、石のもとは石名坂に止まり、中間部分は石上村(東海村)に末端部分が石塚に飛んで留まったものと伝える。また、それが石塚の地名起源とされている。石塚台地北緑のこの地は北風が強く吹き当てる土地なので風隼の社号となったと伝えられる。(引用:城里町「城里町の観光資源」P.10)

★トイレ有
住所:茨城県東茨城郡城里町石塚1088

広告