草懸(くさかけ)神社(上泉)

スライドショーには JavaScript が必要です。

祭神名:武甕槌神

祭神の軍が当地方鎮定にあたり、この地鹿島原で敵軍と大激戦を展開。一旦、後退のやむなきに至ったが、一人の土民が刈草で祭神を隠し難を逃れた。祭神は後に軍を立て直されて敵を追討し当地方を大鎮定されたのでこの地を一大霊地として社宇を建てたとされる。1688年(元禄元年)、水戸義公はこの地を祭典田とし、氏子に無税で耕作せしめ収米を例祭・祭典に供したという。(城里町「城里町の観光資源」P.11)

住所:茨城県東茨城郡城里町上泉247

広告