小坂神社(小坂)

スライドショーには JavaScript が必要です。

祭神名:天手力雄命、倉稲魂命

小坂の地にあった笠宮・飯野宮・熊野権現の三社を1870年(明治4年)に合祀、1875年(明治7年)より社号を小坂神社とした。飯野宮の神体は、木造の神像で1479年(文明11年)の銘があり、銘のある神像としては県内最古のもの。1982年(昭和57年)に町有形文化財に指定された。また、境内にあった「笠懸の松」は1962年(昭和37年)に茨城県天然記念物に指定されたが虫害により惜しくも1973年(昭和48年)に伐採され、現在はその切り株が残されている。(引用:城里町「城里町の観光資源」P.10)

住所:茨城県東茨城郡城里町小坂838

広告