島家(しまけ)住宅

スライドショーには JavaScript が必要です。

城里町の上古内に佇む、江戸時代中期(1661~1750年ごろ)に建てられた古民家『島家住宅』。国の登録有形文化財にも指定されている、貴重な文化財です。現在この『島家住宅』は町に寄贈され、城里町の地域おこし協力隊がその利活用方法を模索しています。

木造平屋建ての茅葺(かやぶき)、建築面積は、165㎡。7間×4間(約13m×7m)の母屋と6間×3間半(約11m×6m)のかま屋(台所)がL字形に配置された曲屋(まがりや)風の住宅です。かま屋には馬屋が設けられ、南面の屋根を兜造風に切り落とし、出窓に格子を建てるなどの特色を持っています。(引用:城里町教育委員会「城里学ぶっく」P.52)

お問い合わせ:城里町地域おこし協力隊(担当:後藤、村上) TEL:029-288-3111(内線227)
住所:茨城県東茨城郡城里町上古内竹ノ内480

広告